「使いこなしたい…」に応える BtoB システム

ご挨拶

TOP > ご挨拶

記号ご挨拶

社長
代表取締役
長谷川 智史
アクアリーフは、2001年の創業以来、WEBシステムに特化し、 主に中小企業向けにASPサービスを提供して参りました。

創業時の私の胸にあったのは、「全国のシステム部を持たない中小企業さんの手助けをしたい」という思いでした。

『誰に相談していいかわからないこと』でも気軽に聞ける情報システム部のような存在でありたい。

当初、受託開発をしていた時代は、まさしく『何でも屋』のような存在でした。

クライアント様と一緒に悩み、解決策を考える、それを繰り返すことが、アクアリーフの存在意義でした。

当時のお客様が、今も私たちの成長をご支援くださっていることに、心から感謝申し上げます。

2004年の法人化以降、受託開発から業務系ASPシステムの提供へとサービスが変わっていきましたが、システムを使ってくださる全国のお客様の声に想像を巡らせ、『ピンッとひらめく』まで考え、
『お客様が「おおっ、いいね!」と驚いたり、喜んでくださるかもしれないとワクワクしながら仕事をすること』を、今も大事にしています。


当社のスローガンの中に、『お客様のお客様にも、想いを馳せよう!』 があります。

できるだけ沢山の笑顔を想像することが『顧客満足』の原点だと思います。

社員全員が、そうした気持ちを持てるように、生みの苦しみを楽しみに感じて仕事が出来る、そんな職場を作りたいと思っています。

おかげさまで、時々お客様から、うれしいご報告をいただきます。
「お客様から褒められましたよ~! アクアリーフさんのシステムのおかげです!」

普通、バックヤードシステムにはめったにスポットライトが当たることはありません。
ですから忙しいお客様が、そのようなエンドユーザー様からのお言葉をわざわざ届けてくださることは、大変、有難いことで、私達の気持ちも奮い立ちます。

自分達のお客様が世の中を幸せにする素晴らしいサービスやパフォーマンスを提供し、それを縁の下で、時にそばに寄り添い精一杯で支える、それが私たちの仕事であり誇りです。

近年、グローバル化が叫ばれる中、 企業と人、世界と世界が繋がり、新しい夢が広がっていきます。

そんな時代の中で、地に足を付けて汗を流し、他者を思いやる気持ちを忘れず、『ひたむきに試行錯誤するIT企業』、それがアクアリーフだと思います。

お取引先企業様、関係会社様はじめ、これまで私どもを支えてくださった多くの皆様にこの場を借りて心からお礼申し上げます。

引き続き、末永くお引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、新たにアクアリーフにご興味をお持ちになった皆様がいらっしゃいましたら、心から、新しい巡り合いを楽しみにお待ち致しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、失礼いたします。